後藤裕文ブログ - gotto blog

gotto blog

最近の記事

リンク

プロフィール

後藤裕文(ごとうひろぶみ)

提案が多めのソフトウェアエンジニアです。 デザイナーやライターなどエンジニア以外のスタッフと密接に協力してシステムを開発するのを得意にしています。

詳しく読む

2012年01月03日 12時00分

ThinkPad T60にVine Linux 6.0をインストールした

デスクトップLinuxの環境が貧弱になったので、ネットオークションでThinkPad T60を2万弱で入手した。 最近、Ubuntuばかり使っていたので久しぶりにVine Linux 6.0をインストールしてみた。 インストールの後に行った作業を記録しておく。

スペック

  • ThinkPad T60 (2008-HE9)
  • Core2 Duo T5600(1.83GHz)
  • 3GB PC2-5300
  • 80GB(SATA) → 250Gに換装
  • DVD-ROM
  • 14.1V型TFT SXGA+(1400x1050)
  • 1000Base-T/100Base-TX/10Base-T
  • WirelessLAN(a/b/g)
  • USB2.0x3

無線LAN

内蔵無線LANは自動認識した。手持ちのUSBタイプの無線LANアダプタの結果は次のとおり。○:自動認識する、×:自動認識しない。

  • ○ GW-USMicroN-G
  • ○ WLI-UC-GN-B
  • × LAN-W105N/U2BK
  • × GW-USMicroN2W
  • × GW-US54GXSK

※ThinkPad X100eにもインストールしてみたが、内蔵無線LANを認識しないのでUSBアダプタを使った。

トラックポイントとタッチパッド

トラックポイントのスクロールを有効にして、タッチパッドを無効にした。 スクロール方向はMac OS X Lionに合わせた。 次の内容のファイルを /etc/X11/xorg.conf.d/01-touchpad.conf に作成する。 MatchProductの値はxinput listで調べる。

Section "InputClass"
        Identifier     "IBM TrackPoint"
        MatchProduct   "TPPS/2 IBM TrackPoint"
        Option         "EmulateWheel" "true"
        Option         "EmulateWheelButton" "2"
        Option         "EmulateInertia" "50"
        Option         "XAxisMapping" "7 6"
        Option         "YAxisMapping" "5 4"
EndSection

Section "InputClass"
        Identifier     "no need for accelerometers in X"
        MatchProduct   "SynPS/2 Synaptics TouchPad"
        Option         "Ignore" "on"
EndSection

参考ページ https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=8859

サウンド

自動認識で音が出る。 キーボードの音量ボタンはOSDが表示されないがハードウェア的に効く。 最初は消音になっていたのでドライバーを疑ってしまった。

プリンター(HP Officejet Pro 8000)

メニューのシステム>システム管理>HPデバイス・マネージャーからプリンターを追加すると、ページの中央に面積で1/4位の黒ベタの印刷になってしまった。

CUPSのブラウザインターフェース(http://localhost:631/)でプリンターを追加すると正常に動作する。 このとき、モデルは「HP Officejet Pro 8000 a809, hpcups 3.11.5 (en)」ではなく「HP Officejet Pro 8000 a809 hpijs, 3.11.5 (en)」を選ぶこと。

ターミナル(gnome-terminal)

全角記号の記号文字幅問題の解消とウインドウサイズの指定のため、パネルのターミナルのプロパティでコマンドを次のように変更する。

sh -c "VTE_CJK_WIDTH=1 gnome-terminal --disable-factory --geometry 180x50"

かな漢字変換のON/OFFを別のキーに割り当てる(ibus)

次のページの内容がそのまま使える。以前作ったibusのパッチを適用して自家版のibusパッケージを作った。
参考ページ http://d.hatena.ne.jp/kokutoto/20100622/p1

動画(wmvなど)

Synapticパッケージマネージャーで次の2つのパッケージをインストールすれば再生できるようになる。 ビルドには少し時間がかかる。

  • self-build-gstreamer-plugins-u 0.10.17-1vl6
  • self-build-gstreamer-plugins-f 0.10.17-3vl6