後藤裕文ブログ - gotto blog

gotto blog

最近の記事

リンク

プロフィール

後藤裕文(ごとうひろぶみ)

提案が多めのソフトウェアエンジニアです。 デザイナーやライターなどエンジニア以外のスタッフと密接に協力してシステムを開発するのを得意にしています。

詳しく読む

2010年08月23日 18時43分

深呼吸する言葉サイト企画会議議事録

日時:2010-08-24 13:00〜17:00(ランチ含む)
場所:渋谷(トーキョーサロナードカフェ・ダブ)
参加者:橋本、妹尾、後藤

深呼吸する言葉プロジェクトだけでなく、いくつものプロジェクトを含めるサイトにするため、独自の名前を持ったサイトにする。名称案はいくつも出たが、最有力候補の仮称を「くじら工務店」とする。打ち合わせの場でドメインは「kuji-ra.com」を取得した。

名称案を元にロゴやヘッダーをデザイナーの橋本さんに依頼して、次のミーティングまでに作成してもらう。

サイトに入るコンテンツをテナントと呼ぶ。深呼吸する言葉プロジェクトがメインのテナントとなる。その他に、デンピカ(電書リーダーやフライヤーを含む)、おやじプロジェクトがテナントとなる予定。

追記
橘川さんとの相談でデンピカ(電書リーダーやフライヤーを含む)はこのサイトではなく、デメ研のサイトで行うことが決まった。

サイトはヘッダーとフッターと3列のメインエリアを設ける。ヘッダーはサイト共通のデザインを持ちつつ、テナントごとにタイトルだけでなく色合いや背景を変える。右サイドのメインエリアは全てのテナントに共通のバナー、ニュースを表示する。左と中央のメインエリアはテナント独自の内容とする。左のメインエリアはメニューとして使用する。

一部のコンテンツにはCMSを利用することも考えるが、magic方式のほうが融通が利いて使いやすいので、基本的にサイトはmagic方式で構築する。Wikiについては議論しなかった。

橘川さんが自由に編集できる専用の場所を作る。ここはWordPressを使うことを検討する。場所は深呼吸する言葉のテナントの中か?

リアルテキスト塾のテナントにはキャラクターデータベースだけでなく、サークルサイトも復元する。

ロゴマークのシールやステッカーを作る。

橋本さんに原稿からページ制作を担当する人を探してもらう。基本的にコンテンツは人手で制作する。

次回のミーティングは9月10日(金)13:00から行う予定。ミーティング後に暑気払いの宴会も予定している。